昔と今は学習量が2倍も違う


昔と比べると授業は効率的かつハイスピードになりました。


児童の学習レベルの低下が問題になり
ゆとり教育が見直しになりましたが、
学習量の多さを気にしない人が多いと思います。

児童の学習量は、昔と比べて
はるかに多いことをご存知でしょうか?


アメリカのブルナー教授は

「今までの教育観でみてはいけない。今の学習量は
昔の倍ちかくある。それなのに学習時間は同じか
減少してしまっている。
」と述べています。

昔の学習の仕方でいくと
大学を卒業するまでに40歳くらいまで
かかるそうです。


今の学習体系は、かなり効率的かつ
ハイスピードになっています。

かけ算の九九や、分数の四則計算も
半月で覚えないといけません。

さらに英語教育も始まろうとしています。


小学校にあがった時点で、授業の進行速度が速いので、
すぐに、ついていける子とついていけない子に
二分されていきます。

一度、落ちこぼれてしまうと、
なかなか成績が上がらないのが現実です。

お子さんも勉強ぎらいになります。


そうならないためにも、早めの幼児教育を行ない、
学ぶことに慣れることが必要だと思います。


>>幼児教育のメリットとは一覧へ
>>幼児教育Toppageへ




家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加