4歳児の食育幼児教育「お話しながらご飯を食べよう」


4歳児の食育幼児教育について「食べる」「身につける」「作る」
ポイントを紹介します。


ただ、子どもの成長には個人差があるので、
お子さんの発達に応じて前後の年齢と見比べてみてください。

■ 4歳児の食べる食育「旬の食べ物を知ろう」


自分の考えをもつようになり
季節の食べもの教えてあげると
理解できるようになります。

旬の食べ物を一緒に買いに行って
教えてあげましょう。

素材を知ることは大切な食育ですよ。


食事のときは、食べること以外にも
余裕ができてきますので

家族みんなで、お話しながら
楽しいご飯の時間を送れるといいですね。


食べたものや作った料理のレシピを
絵で描くと、食への関心が高まりますよ。

絵を描くことで、お子さんの記憶力や表現力、
食べ物への関心が高まります。



4歳児も、2,3児同様食べ物の
好き嫌いをなるべく作らないように
食育をしていきましょう。

>>食べ物の好き嫌いを無くす5つのテクニック



■ 4歳児の身につける食育「はしを上手に使いこなす」


3歳同様、お箸を使って食事をしてみましょう。

お箸の使い方に慣れてきたら
おいもの煮っころがしなどの
はさんで食べる料理にちょうせんです。

細い麺類もお箸を使って食べてみましょう。


積極的にいろんなことをやりたがる時期なので
食事の準備を手伝ってもらいましょう。

食卓のお皿の配置ができるように
教えてあげ、お子さんの食べることへの関心を
高めてあげましょう。



■ 4歳児のつくる食育


4歳児は、時間がかかる料理にちょうせんしてみましょう。
パンなどはいかがでしょうか?
親子で楽しく料理を楽しみましょう。

ただし、油であげたり、オーブンを使うなど、
熱くて危ないものは、お母さんが補助してあげてください。


パンや餃子など形を作るものはお子さんも
楽しくできると思います。

材料をボールにいれてもらい
お子さんと一緒にこねましょう。

パンを作るときは
発酵する前と後で、
違いをみせてあげるのもいいですね。


ご飯のおかずを作るときは
メインのおかずと汁物の複数の料理に
ちょうせんしてみましょう。

美味しくできると、お子さんは
また「食べたい」「作りたい」と言ってくれますよ。


オススメサイトの紹介です。
お母さんのための口コミがたくさんのっています。

子育ては、1人で悩まずに。
みんなで悩みを共有できると、気持ちがとっても楽になりますよ!

わたしの妻も会員登録しています(^0^*


yazirusi.jpg  今晩の献立どうしよう? そんな時は90万女性のクチコミを

>>食育幼児教育の仕方一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加