2歳(幼児)の脳トレ 手を使った脳トレ


親子で遊びながらを鍛えられる方法を紹介します。
幼児の発育段階に応じた脳トレです。
ご家庭で手軽にできるものを紹介しますので
効果を考えながら実践してみて下さい。

お子さんによって成長する早さはまちまちなので
無理の無い範囲ですすめていきましょう。


・「カレンダーお絵かき」で思考力と想像力を育てる


お絵かきは、お子さんの思考力や想像力、創造力など
幅広い能力が向上されます。

2歳までの子は、まだ腕がきちんと動かせないので
なぐり描きのようになりますが、描くことで
文字や絵を描く基礎にもなります。


チラシのウラなどを使ってもいいのですが、
大きなところに思いっきり描かせてあげましょう。

その方が、お子さんものびのび描けますし
汚される心配も減ります。


ペンはクレヨンなどが一般的ですが、
お子さんが小さいうちは、なめたり口に入れても安全な
「蜜蝋クレヨン」を使うのをオススメします。

これは、ドイツで作られている
長方形のブロック型の鉛筆です。

ドイツの食品基準もクリアしているので
もし、お子さんが口に入れてしまっても大丈夫です。


このクレヨンは、重ね塗りができて
透明感もありますよ。



・「カレンダーパズルで達成感と構成能力を鍛える」


写真や絵が描いてあるカレンダーや包装紙は、
捨てずにとっておきましょう。

適当な大きさにきってパズルにすると
お子さんの達成感やものを構成する力が
育ちます。


はじめは、簡単な絵や写真をつかって
3つか4つに分割するくらいが
丁度いいと思います。

お子さんの発達具合をみながら
切る大きさや形を複雑にしていきましょう。
>>脳トレーニング幼児教育一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加