フラッシュカード幼児教育 実践編 上手な見せよう


お子さんがより集中できる
フラッシュカードの仕方をご紹介します。

1、フラッシュカードをするときに
  カードがぶれないこと


めくるときなどに、カードがぶれてしまうと
お子さんの集中力がとだえてしまいます。

カードを持つ側の手をしっかりともち、
リズムよくなめらかにカードをめくりましょう。



2、お子さんの視線の高さと角度


■ 視線の高さ


お子さんの視線の高さに気を配ってあげましょう。

お子さんが地面に座っているのときと、
イスに座っているときは、
見せる側の高さもかえてあげましょう。


■ カードの角度


フラッシュカードで失敗しやすい一例です。

速さにばかり気をとられると、
カードがななめになってしまうことがあります。

お子さんから見て,カードは垂直なときが
一番よく見えます。



3 フラッシュカードの残像を残さない


カードをめくるスピードが遅いと
前のカードの残像が残ってしまいます。

カードをめくるスピードは、
できるだけ一瞬で行ないましょう。

そうすることでカードの内容が
瞬時にかわり、さいしょのカードの残像を残さず、
次のカードをみせることができます。


>>右脳を刺激するフラッシュカードの仕方


>>フラッシュカード幼児教育一覧へ

>>幼児教育・教材Toppage(教材ランキング)へ




◆ お子さんの右脳を鍛える幼児教材


右脳が活発に働いている幼児期は、右脳を鍛える絶好の機会です。

右脳を鍛える最適な幼児教材
「七田式はっぴぃタイム」をオススメします。


<strong>はっぴいタイム</strong>画像


はっぴぃタイムは、DVDの映像フラッシュを利用し、
数字、英語、言葉などを覚えることができます。


>>はっぴぃタイムの教材口コミ・体験・評価のページへ

>>七田式はっぴぃタイム教材のホームページへ


>>幼児教育・教材Toppage(教材ランキング)へ



家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加