絵本活用術「ぼくびょうきじゃないよ」 (対象幼児年齢 4歳〜


お医者さんの素晴らしさがわかる絵本です。
ぼく びょうきじゃないよ

作: 角野 栄子
絵: 垂石 眞子
出版社: 福音館書店
本体価格: \800
発行日: 1994年8月20日
ISBN: 4834012417



■ 絵本のあらすじ


ケンは熱を出しました。病気じゃないといっても、
おかあさんはケンをベッドに追いやります。

すると、大きな熊のお医者さんがやってきて、
ケンに不思議な治療をほどこしました。



■ 絵本のレビュー


くまさんは、いろいろなアドバイスを
男の子に教えてくれます。

この本のなかで「ゴロゴロガラガラガラッパチ・・・」
といううがいの仕方が、子どもたちが大好きで
風邪をひいたときに、よく真似をしてました。

絵も優しい感じで、とっても楽しく読めますよ。



■ この絵本から学べること


病気のはやる頃に読んであげるとよい絵本です。

釣りを楽しみにしているケンちゃんですが、
セキがでてさあ大変

お母さんに気づかれないようにするのですが
結局ばれてしまいます。

このときのケンちゃんの気持ち、不安になったり
怒ったりするところを読み聞かせてあげましょう。


くま先生のうがいのところでは、
本当にうがいをしている感じで
読んであげるとお子さんも喜びますよ。



■ 絵本 + α


くま先生の教えてくれるうがいが出来れば
風邪を引くお子さんが減るかもしれません。

病気と予防について教えてあげる
良いきっかけになる絵本ですよ。

ごっこ遊びをするお子さんでしたら
この絵本を読んだあとはお医者さんごっこを
しそうですね。

お子さんが病気になって
外出できないときは、この絵本を読んで
早く良くなるといいね。と話しかけてあげましょう。

(参考資料 絵本ナビ、絵本の読み聞かせと活用アイデア56)


35piyo-py2.gif  絵本教育は、絵本選びがとっても大切です。

 お子さんに、発育に合った良質の絵本
 プレゼントしてあげませんか?

yazirusi.jpg  絵本選びで、もう悩まない「絵本クラブ」


>>年齢別 絵本幼児教育一覧へ
>>幼児教育TOPページへ

家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加