絵本活用術「どんどん どんどん」(対象年齢 4歳〜


子どものエネルギーを感じる絵本です。
どんどん どんどん

作・絵: 片山 健
出版社: ブッキング
本体価格: \1,200
発行日: 2003年
ISBN: 4580808703



■ 絵本のあらすじ


少年が、ある日、どんどんどんどん歩き始めました。

アリも野原も森もそして、町も踏みつぶして
歩き続けていきます。

そして一休み。また、歩いたのさ。



■ 絵本のレビュー


娘は、2歳ぐらいからこの絵本がお気に入りでした。

パンツ一丁の男の子が「どんどん どんどん」
とひたすら走って行くのですが、

家を踏み潰したり、海を渡ったり、
「ちょっとつかれた ひとやすみ」

と泥遊びをするところが、
子供らしくてかわいいです。

濃い絵の具を塗りたくったような絵が、
迫力を一層増しています。



■ この絵本から学べること、絵本 + α


絵本の主人公の気持ちの高ぶりに
したがって全体の雰囲気もどんどん上がっていきます。

きっと読んでいるお子さんの気持ちも
絵本に引き込まれていくでしょう。

読むときは、最後まで休まずに
一気に読んであげるといいですね。


エネルギーを感じることのできる絵本なので
絵本のエネルギーをそのままに引き継いで
お外で遊びましょう。

元気いっぱいにかけっこをしたり
全身を使って体操をしたり
鬼ごっこをすると楽しいですよ。



■ こちらもオススメ!


おなかのすくさんぽ

どろんこや、洞くつ遊びなど
主人公と動物たちの
ダイナミックなお散歩絵本


35piyo-py2.gif  絵本教育は、絵本選びがとっても大切です。

 お子さんに、発育に合った良質の絵本
 プレゼントしてあげませんか?

yazirusi.jpg  絵本選びで、もう悩まない「絵本クラブ」


>>年齢別 絵本幼児教育一覧へ
>>幼児教育TOPページへ

家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加