絵本活用術「おまたせクッキー」編(対象年齢 3歳〜


食べることの楽しさについて学べる絵本です。


おまたせクッキー

作・絵: バット・ハッチンス
訳: 乾 侑美子
出版社: 偕成社
本体価格: \1,200
発行日: 1987年
ISBN: 4032024006



■ 絵本のあらすじ


お母さんの焼いたクッキーを食べようとすると、
ピン・ポーン!玄関のベルが鳴るたびに
友だちが増えていきます。

いつ、何枚クッキーが食べられるかな?
おやつに12枚のクッキーを食べようとしていた兄妹。

「6枚ずつだね」と分けていると、玄関のベルが鳴り、
2人友達がやってきました。4人で3枚ずつに分け、
食べようとすると、またベルが鳴り、次々に友達が増えていって・・・。



■ 絵本のレビュー


兄妹、友達合わせて12人が集まり、
クッキーを1枚ずつ分けて食べようとした、

そのときにまた玄関のベルが鳴り、
みんなに緊張が走る場面では、

子供も「どうなるのかなぁ? 
クッキーを半分に割るのかな?」

とドキドキしていたようです。

小さい子どもから、計算のできるようになる
小学生の低学年まで十分楽します。

実生活でも十分あり得そうなこの話に、
大人の私もとても楽しめました。



■ 絵本の上手な読み聞かせ方!


自分のもの!と1人占めするのではなく、
みんなで分けて食べることの楽しさが学べる絵本です。

たくさん食べたい子どもの気持ちと不安を
上手に表現している絵本だと思います。



■ 絵本 + α 活用術!


おまたせクッキー」から算数を
学習することができます。

12コあるクッキーを2つで割ったり
4つで割ったりしていきます。

割り算を感覚で覚えてもらいましょう。



■ こちらもオススメ!


ぐりとぐら

からすのパンやさん

35piyo-py2.gif  絵本教育は、絵本選びがとっても大切です。

 お子さんに、発育に合った良質の絵本
 プレゼントしてあげませんか?

yazirusi.jpg  絵本選びで、もう悩まない「絵本クラブ」



>>年齢別 絵本幼児教育一覧へ
>>幼児教育TOPページへ

家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加