絵本は、子どもの創造性と心を育みます


子どもの想像性や読解力を絵本は、
幼児教育に欠かすことのできない分野です。

昔からは良いものといわれていますが
どうしてだかわかりますか?

絵本を読むことで、「自分で考える力」「想像する力」を
育てることができます。

絵本の世界に見て、触れて、感じることで、
お子さんの心を成長させてくれるのです。


を読むのは、幼少時期から大人になるまでの期間
が特に重要です。

あなたのお子さんの今後の人生が
大きくかわってしまうといっても過言ではありません。


絵本の読み聞かせは、日本人に不足している
「創造力」を磨くいいトレーニングになります。

幼児期にできるだけたくさんの絵本に触れさせてあげましょう。


・絵本は考える力を養ってくれます


を読み、言葉を通じて、
わたしたちは頭の中で言葉の意味を想像していきます。

このイメージする力が脳を発達させ
創造力や思考力がやしなわれていくのです。


今はご家庭でテレビの無いうちは、ほとんどありません。
テレビは、娯楽を与えてくれる便利な道具ですが、
その結果、子供の離れが進んでしまいました。

テレビは娯楽の道具としては、とても良いのですが
さまざまな情報は得ることができても
情報が一方的に流れてくるので考える必要がありません。

考える能力が育ちづらい環境になりました。

見えるものにしか反応ができなくなり、
考える幅が極端に狭まってしまいます。


・読書はニートの特効薬!


卒業した後も働く意欲がなく何もしない
「ニート人口」が大きく増加し社会問題が起こっていますね。

「ニート」が急増した原因には、「考える力の減少」
があると思います。


ニートになってしまう人は、自分の将来を考えられなかったり、
考えようとすること自体を放棄してしまっています。

今の若者は、自分の意思をもたないまま
偏差値をみてなんとなく進学している人が増えているのです。


・本の出会いは、人生をかえる出会い


人間の一生は、一度しかありませんが
何通りもの人生を体験出来ることを知っていますか?

それはを読むことです。

生まれてから大人になるまでに何冊の
出合うことができるでしょうか?


わたしたちは、を通して、作者が体験したさまざまな人生や
新しい世界の疑似体験することができます。

あるときは探偵に、あるときは冒険家、
また性別だって、人種だって関係ありません。
過去にも未来にも行けてしまうのです。

の影響力はとても大きいものです。

ある本との出合いが、今後の人生を大きくかえる一冊
になることもあります。


あなたのお子さんも、そんな素敵な
めぐり合えるといいですね。

いいとの出会いは、一生の宝物となるのです。


を読むことで、わたしたちは頭の中でイメージしながら
さまざまなことを間接体験することができます。

その体験を通じて、今までと違った
新しい考え方や創造力を磨いたり、
知識を増やしていくことができます。


そして、自信を深め、問題に直面したときに
判断する力も養われていきます。

お子さんにも絵本の世界をどんどん体験させて、
読む習慣や、創造する力を育ててあげましょう。

心の教育を第一にしている幼児教材「家庭保育園」

ランキング1位 家庭保育園 ブログ絵本による心の教育を第一として考えている幼児教材家庭保育園をご存じですか?家庭保育園は、会員数が20万人以上いる日本で最大規模の幼児教材です。

家庭保育園は「知力」と「心」の教育を大切にしています。教材は幅広く、第一教室から第六教室、特別教室に分かれていて、その中でも絵本の読み聞かせを最も重視し最初の第一教室に入っています。

37on-0ym.gif 家庭保育園のさらに詳細へ 38minioto.gif


→ 家庭保育園の口コミ・評判・体験談

>>絵本幼児教育の仕方へ

>>幼児教育TOPページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加