幼児期を過ぎると脳は退化する?「才能逓減(ていげん)の法則」

才能逓減(ていげん)の法則、というのをご存知ですか?
簡単に言えば「人が持っている才能は年齢が高くなれば高くなるほど、
引き出しにくくなる
」という法則です。

これは、人間の脳の発達が関係しています。下の「脳の成長グラフ」をみれば
幼児期の脳は爆発的な発達が一目で分かります。

才能逓減の法則グラフ

(引用画像 http://www.onerest.net/kosodate/soukiedu.html

人間の脳は3歳までに飛躍的な成長を遂げ、
基礎はほぼできあがってしまいます。

3歳を過ぎると脳の成長はゆるやかになります。
だからこそ教育を始めるのは早いほうがいい、というのがこの法則です。

逆に言えば「3歳までの育て方次第で、生まれも遺伝も関係なく、
どの子でも無限の才能を開花させることができる」
のです。


脳は放っておいても伸びない?|早期教育の重要性

幼児教育赤ちゃん

脳科学の発達で、3歳までの脳が飛躍的な成長をすることがわかり、
従来の「子どもは放っておいても育つ」という考えではいけないのだ、
と言われるようになりました。

子どもの脳は早い時期からどんどん刺激を与えて回線をつなげていかないと、
才能を十分に引き出すことはできません

早期教育論者のあいだでは始める時期は早ければ早いほどいい、
というのが一般的で、胎児の頃からの教育がもっとも天才児を生み出す
可能性が高いという説もあります。


才能を引き出すための環境は?|たくさん話しかける

才能逓減の法則挿絵

乳幼児の頃はとにかく愛情たっぷりで育ててあげましょう。
子どもは親からの愛情をたくさんもらって安心感を得ることで、
自信につながるのです。

安心感という土台があってこそ、いろんなことに興味を持ち始めるのです。
まずは親の愛情が一番です。

まずは、たくさん話しかけましょう。
お腹の中にいる赤ちゃんも聴力は十分に発達しているので
周囲の音を聞き分けることができます。
リラックスできる音楽や話しかけは脳への刺激となります

誕生してからも話しかけは、ずっと行いましょう。
赤ちゃんだからわからない、と決めつけて話しかけないでいると
脳への刺激が少なくなってしまいます。

そして幼児の成長の段階に合った知育教材でまずは遊ばせてみてください。
興味を持ったことはどんどん与えてあげてください。

それぞれの子どもで、興味も示す内容が変わってきます。
そのためにも親はたくさんのきっかけを作ってあげることが重要です。

親と子が一緒になって楽しめる環境を整えることで
お子さんの才能を引き出す可能性がぐんと上がります。

 

参考URL
ワンポイントアドバイス 早期教育とその功罪
http://www.yamato-gr.co.jp/ans/08-10/#7-1
幼児教育ポータルサイト
http://www.sehimiry.com/column/sainoteigen.html
幼児教育のススメ
http://www.atlas-apollo.com/archives/45
幼児教育ワンレスト
http://www.onerest.net/kosodate/soukiedu.html



幼児教育


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加