知識の食育 〜食べ物の栄養素を知ろう〜


わたしたちが、生きていくのに必要な栄養素と
栄養素が含まれる代表的な食べ物を紹介します。
わたしたちが毎日、色んなものを
食べていますけど、

どんな栄養素が必要で
どんな食べ物をとらないといけないかを
知らない人が増えてきています。


ここでは、生きていくのに必要な栄養素と
栄養素のある食べ物について紹介していきます。



■ エネルギーになる食べ物


わたしたちが生きていくのに必要な栄養は
エネルギーになる食べ物と、
体の調子を整える食べ物です。


ます、エネルギーになる食べ物には

・糖質(炭水化物)
・たんぱく質
・脂肪

の3つがあります。


○ 炭水化物


炭水化物は、わたしたちが主食にしている
パン、お米、おいもなどがあります。

この食べ物たちには、デンプンが含まれていて
ブドウ糖に分解されて
動くときのエネルギーになってくれます。


○ たんぱく質


たんぱく質は、魚や、肉、たまごに入っていて
普段ご飯のメインのおかずで食べていますよね。

たんぱく質をとることで、つめや髪の毛、筋肉や、
骨など、わたしたち体をつくっていきます。


○ 脂肪


脂肪は、油やバターなどです。
油は、大豆や菜種などの植物からおもに
作られています。

炭水化物やたんぱく質よりも消化されるのに
時間がかかり、わたしたちの満腹感を
長くみたしてくれます。



■ 体の調子を整える食べ物


体の調子を整えてくれるは、

・ビタミン類
・ミネラル類

があります。


● ビタミン類


ビタミン類は、ビタミンA、ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンCなどがあります。


○ ビタミンA


ビタミンAは、ホウレンソウなどの
みどりの野菜に多くふくまれています。

ビタミンAが不足してしまうと、
暗いところで目が見えなくなる夜盲症などの
目の病気になりやすくなってしまいます。


○ ビタミンB1


ビタミンB1は、豚肉、落花生や大豆などの豆類に
多くふくまれています。

これが不足してくると、
体がだるくなったり、イライラしたりしてきます。


○ ビタミンB2


ビタミンB2は、お肉に多くふくまれていて、
なかでもレバー、うなぎやドジョウに多いです。

口内炎になったり口のはしが割れたり赤くなる
口角炎になったときは、ビタミンB1が不足している
かもしれません。


○ ビタミンC


ビタミンCは、果物に多くふくまれています。
これはよくご存知ですね。

ビタミンCが不足してくると、
壊血病になってしまいます。


○ ビタミンD


ビタミンDは、魚に多くふくまれています。

ビタミンDが不足してくると
骨の成長がわるくなるので
気をつけましょう。


● ミネラル類


ミネラル類には、カルシウム、リン、
てつ、ナトリウム、マグネシウムなどがあります。


○ カルシウム


カルシウムには、牛乳やチーズ、にぼしなどに
多くふくまれています。
カルシウムは、体や骨を作ってくれる
大切な栄養素です。


○ リン


リンは、カップラーメンなどの加工した
食べ物に多く含まれています。

知らず知らずのうちに、たくさん摂取している
かもしれません。

リンをとりすぎるとカルシウムの吸収を
邪魔してしまうので気をつけましょう。


○ 鉄


鉄は、肉や魚などの動物性食品に多いヘム鉄と、
植物性食品に多い非ヘム鉄があり
血液の中の酸素を運んでくれる大切な役割があります。

鉄は、ビタミンCと動物性たんぱく質と
一緒に摂取すると吸収がよくなりますよ。

逆に、タンニンや食物繊維は鉄の吸収を阻害しますので、
コーヒー、緑茶、紅茶などは、食事直後は避けるようにしましょう。

鉄が不足してくると、貧血になったり、
集中力や思考力が下がったりしてきます。



わたしたちが生きていくのに
どんな栄養が必要かちゃんと知っていることは
とても大切なことです。

何でも食べられる時代だからこそ
とっていない栄養も多くなってしまっています。

お子さんをふくめた家族みんなで
ご飯を食べながら
栄養についてお話できるといいですね。


今度は、その栄養がどの食べ物に入っているか
みてみましょう。

>>食育幼児教育の仕方一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加