離乳食のアレルギー対策


最近アレルギーを持つお子さんが増えています。
アレルギーに気をつける食材を知っておきましょう
アレルギーで気をつける食材


離乳食で気をつける食材です。
これらを使うときは十分気をつけましょう。



アレルギーがでやすい食材



牛乳

大豆

小麦(外国産)



離乳食で気をつける食材



ピーナッツ

ゴマ

そば

バナナ

キウイ

市販のジュース(皮が入ってるもの)

エビ

マーガリン

マヨネーズ



アレルギーがでる原因


牛乳は、妊娠牛からも採取しているので
多量の女性ホルモンを含んでいる可能性があります。

女性モルモンが高いとアレルギー
過剰に反応してしまうことがあります。
(人間の母乳には、女性ホルモンがあまり含まれていません)


輸入された小麦は、殺虫剤の残留があり
アレルギー反応がでる可能性があります。
もし、小麦粉を使うなら国産のものにしましょう。


魚は、有機スズ化合物、有機水銀などによる汚染がひどいので、
アレルギー反応をする可能性があります。


バナナは農薬の残留がありアレルギーを起こす可能性があります。
バナナアレルギーがでると、バナナに関連した果物にも
アレルギーがでるので注意しましょう
(キウイ、アボガド、ピーナッツ、ゴムなど)



お子さんは、まだ何が食べれて何が食べられないか
判断できません。

ご飯を与える親が、アレルギー対策をしっかりとして
お子さんが楽しく食べれるように気をつけてあげることが重要です。



>>食育幼児教育の仕方一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加