離乳準備期と食べかたアドバイス


離乳準備期は、飲みやすいものから少しずつ量を増やします。


・離乳はいつからはじめるべき?


「改訂離乳の基本」によると、生後5ヵ月くらいからが
望ましい
と、書かれています。

幼児の本を読むと、早めの離乳をすすめるものが
ほとんどですが、最近アレルギーのある乳児が
増えてきているので注意しましょう。。


お子さんの発育状態によって個人差がけっこうあります。
離乳食を開始する目安があるので確認してみましょう。



 離乳食を開始する目安

・首のすわりがしっかりしていること

・支えてあげると座れること

・食べ物を見せると口を開けること。

・お子さんが関心を示している


の4つです。


お子さんが嫌がるようでしたら
無理にすすめず食べたくなるまで待って
あげたほうがいいと思います。

一番大切なのは、お子さんが関心を示すかどうか
という点です。

食べることがイヤなこと、と思ってしまうのは
食育をする上で一番問題があります。



離乳準備期の食事は?


離乳食をはじめる前の準備段階を離乳準備期といいます。
生後3ヵ月ころから5ヶ月までの期間です。

この時期は、乳汁以外の水ようの食べ物を与えます。
まずは、白湯(さゆ)で薄めた果汁から始めます。


赤ちゃんの体調が良く、ご機嫌で元気がある日に
始めましょう。最初の1週間は慎重におこないましょう。

大体2〜3倍に薄めて
最初は1日1さじで様子をみます。(1さじは5ccの小さじにいっぱい)

便の様子をみて2、3日して問題がなければ量を増やしても大丈夫です。
1週間くらいたって問題が無ければ別の果汁を与えても大丈夫です。

飲む目安は月齢×10ml程度だと言われています。


ポイントは、

季節の新鮮な果物を使うこと

酸味の少ない柑橘類や、りんご、いちご、梨、すいか、
ももなどがからはじめるといいです。

舌触りで嫌がることがあるので、はじめは
ドロドロしたものがいいかもしれません。



離乳は食育の第一歩です。
お子さんが食べることに興味をもつ大切な時期なので
無理をせず行なってください。


食べさせるときは、親の方があまり真剣な顔を
しているのは良くありません。

「あぁ美味しいなぁ」と、笑顔で話しかけながら
あげるようにするといいと思います。

>>食育幼児教育の仕方一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加