5歳、6歳児の脳トレ幼児教育「思考力、記憶力を鍛える」


親子で遊びながらを鍛えられる方法を紹介します。
幼児の発育段階に応じたトレです。
ご家庭で手軽にできるものを紹介しますので
効果を考えながら実践してみて下さい。

お子さんによって成長する早さはまちまちなので
無理の無い範囲ですすめていきましょう。



■ 想像ゲームで思考力を鍛える


何か適当なものをテーマにして、
どんなものがあるか思いつくものを
言ってみましょう。

例えば「丸いものは?」というテーマをだしたときは

太陽、お皿、ボール、みかん・・
などと答えてもらいます。


いろいろなものを想像することで、
ものの特徴がわかり
お子さんの思考力も鍛えられますよ。


慣れてきたらちょっとかわったテーマで、
やってみましょう。


「キャラメルといえば??」

という質問もいいですね。


四角い、甘い、小さい、おいしい・・
など思いつくものを答えてもらいましょう。



■ なぞなぞ遊びで思考力を鍛える


4歳児のトレにも書きましたが
なぞなぞ遊びをしてみましょう。

日常生活で使っているものをテーマにした
なぞなぞをするといいですよ。


例えば、

「雨の日に履くものは?」とか
「カレーを食べるときに使うものは?」

などです。


お子さんが普段経験していることを
考えて整理することで思考力を鍛えることができます。



■ 瞬間暗記で右脳を活性化させよう


時間を決めてお子さんに絵本などを
暗記をしてもらって、時間になったら
お子さんに文字を書いてもらいましょう。

短い時間で集中させることで
右脳が活発に働くようになりますよ。

最初は、2,3語しか書けないと思いますが、
ちょっと練習していくだけで

どんどん書ける文字の量は増えていきます!


これは右脳がしっかりはたらいている証拠です。

絵本のページを画面のように記録して
しまうのが右脳のすごさです。


>>脳トレーニング幼児教育一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加