0歳児の脳トレ幼児教育「ものに触らせる」


親子で遊びながらを鍛えられる方法を紹介します。

幼児の発育段階に応じた脳トレです。
ご家庭で手軽にできるものを紹介しますので
効果を考えながら実践してみて下さい。

お子さんによって成長する早さはまちまちなので
無理の無い範囲ですすめていきましょう。


・いろんなものに触らせよう


生まれてから2,3ヶ月すると、視力が上がって
周りのものが見えるようになってきます。

抱っこをしながら色んな部屋に連れて行って
部屋にあるものをドンドン触らせてあげましょう。


赤ちゃんが五感を使って、触ったり、舐めたり
することは頭の体操になります。


お子さんが何かに興味を示したら
もののあるところへ連れていってあげましょう。

家の中だけでなく、外に数時間でて
匂いや、風を感じて五感を刺激されます。



・ものをつかませる、たたかせる


生まれて4ヶ月ほどすると、
ものがつかめるようになってきます。

つかめるものを近くに置いておき、
触れるようにしておきましょう。


寝ているところの近くにものをつるしておくと
赤ちゃんは、ふったり、たたいたりして遊びます。

はっきりした色のものや、音がでるもの、
形も、丸や三角などかえてあげると効果的ですよ。

赤ちゃんは、叩いたり、にぎったりすることで
刺激をうけも発達します。




ただ、ものを触らせるときは、危ないものが近くに
おかないように十分注意しましょう。

口に入りそうな小さなものは、高いところへ置いたり
しまっておくといいと思います。

>>脳トレーニング幼児教育一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加