早期教育は脳を活性化させる


教育を早くはじめることで脳に与えるメリットを解説します。
幼児教育で脳を活性化させましょう。


早くから勉強をはじめると
他のお子さんよりも早く勉強を始められるので
時間的に有利ですが、

実は、幼児教育をすることで
脳にもいい効果があることがわかってきています。

幼児教育と脳の関係をみてみましょう。



・若いときから脳を鍛えよう


脳はものを考え、記憶をする場所ですが
鍛えられることを知っていますか?

幼稚園に入った児童をみると

遅生まれ(4月から12月生まれ)と早生まれ
(1月から3月)の人を比較すると、

遅生まれで早く教育を受けた子は、
早生まれに子に比べて、大きくなってからの知能係数に
違いがでています。


遅生まれの方が知能指数は高くなっているのです。



・脳を活性化させることが大事


学校の教育は、あまり実用的ではないし
忘れてしまうから意味がないと思いますか?

算数や歴史を勉強してもしょうがない・・
と、いうことはありません。


確かに忘れてしまうことがありますが、
授業を受けて何かを覚えたり感じたりするときは、
細胞が活性化します。

暫くして忘れてしまっても、次にやるときは
覚えることが楽になります。

学校教育は、を活性化させることが
目的の1つにあるのではないでしょうか?




・脳は使えば使うほどいい


には、突起のある神経細胞があって
が枝分かれをしています。

そこから、他の神経細胞に信号を送って
情報を伝達しているのですが、この神経細胞は
教育の長さに関係しているそうです。

教育の年数が多ければ
それだけ神経細胞は増えていくということになります。




脳を訓練すればするほど、知能は向上します。

早くからお子さんの脳を刺激して
脳の細胞を増やしてあげましょう。


お父さん・お母さんも「もう歳だし、頭は良くならない」
と、諦めてはいけません。

努力さえすれば、脳の細胞は増やせますので
お子さんと一緒に脳を活性化させましょう。


>>脳トレーニング幼児教育一覧へ
>>幼児教育 トップページへ



家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加