フラッシュカード幼児教育で右脳を強化!


右脳を鍛える幼児教育といえば
フラッシュカードです。
幼児教育をしたことがある方は
経験していると思いますが、

幼児は、集中力が長くもちません。


そもそも勉強を「させる」
とイヤがる子が多いと思います。


ですので、幼児期に何かを学ばせる
ことは難しいことなのですが

私立の幼稚園では上手な手法を使った
幼児教育をとりいれらています。


それがフラッシュカード幼児教育です。


フラッシュカードは、ご存知ですか?

右脳を鍛える学習方法として
幼稚園、幼児教材で広く使われています。


フラッシュは、そもそも『まばたき』
という意味で、文字通り、
カードを幼児に一瞬だけ見せていきます。

カードは絵・文字などさまざまですが、
10枚ほどを1組として、

これを一定のリズムにのって1枚ずつ
読んでいきます。

それに合わせて、子どもたちには
復唱してもらいます。


単純な模倣遊びのように思われる
かもしれませんが

勉強ではなく、ゲーム感覚でできる
この学習方法は子どもたちが大好きです。

ルールを決めて、制限時間があるから楽しく
学習できます。


幼児教育で必要なのは、
「リズム」と「速さ」です。



>>フラッシュカードの作り方へ

>>フラッシュカード幼児教育一覧へ


>>幼児教育・教材Toppage(教材ランキング)へ




◆ お子さんの右脳を鍛える幼児教材


右脳が活発に働いている幼児期は、右脳を鍛える絶好の機会です。

右脳を鍛える最適な幼児教材
「七田式はっぴぃタイム」をオススメします。


<strong>はっぴいタイム</strong>画像


はっぴぃタイムは、DVDの映像フラッシュを利用し、
数字、英語、言葉などを覚えることができます。


>>はっぴぃタイムの教材口コミ・体験・評価のページへ

>>七田式はっぴぃタイム教材のホームページへ


>>幼児教育・教材Toppage(教材ランキング)へ



家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加