多言語幼児教育「こんにちは」を6カ国語で言ってみよう


「こんにちは!」という挨拶は
他の国では、どんな言い方するでしょう?

世界の国の「こんにちは」を言ってみよう。


●英語の「こんにちは」

これは、みんなわかると思います。


多言語helloi

(読み方をカタカナでふっていて
強く読むところは太字になっています)



●中国語の「こんにちは」

これも、よく聞きますね。
元気に言ってみましょう。

多言語中国



●韓国語の「こんにちは」

多言語韓国


韓国ドラマの影響で
韓国語を習う日本の方が増えています

知っていましたか?



●フィリピン語の「こんにちは」

多言語フィリピン

ちょっと長いですね( ^o^)ノ



●ポルトガル語の「こんにちは」

多言語ポーランド



●スペイン語の「こんにちは」

多言語スペイン




「こんにちは」という表現でも
こんなに色々な言い方があります

面白いですね。

家族で、いろんな国の挨拶をし合って下さいね



● オススメ幼児教材 ●


幼児期にしかできない外国語学習があります。
それは「耳作り」です。

小さい子どもの脳は、イメージをしたり言葉を習得できる
右脳が発達していて

6歳をこえると、ネイティブのような発音ができる
可能性が失われてしまいます


きちんとした言葉で話せるかどうかは
最初に学び始めた年齢に強く関係しているのです。


多言語学習を始めてみませんか?

yazirusi.jpg  フラムキッズで「魔法の耳」づくり


>>多言語学ぼう一覧ページへ
>>幼児教育TOPページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加