外国への距離は近いものになりました


今、物すごく世界がちぢまっているのをご存知ですか?
ちぢまっているといっても、面積ではありません。
インターネットやテレビなどの情報化社会がすすんで
世界との距離は随分ちぢまってきています。

情報化社会になって、地球は小さな世界と
いわれるようになりました


こうした時代の変化は、外国との繋がりを
必然的に増やすことになっています。

外国から日本にくる人
日本から外国にいく人が増えているんです。


外務省が平成17年度4月に発表した、
「平成16年の海外在留邦人数調査統計」によると、


海外に住む日本人の数は、約100万人近くになっていて
毎年増え続けています。

日本にきている外国人は約180万人もいて
こちらも年々増え続けていています。



これからの時代、色んな国の人と
コンタクトをとって仕事をする人は増えていくでしょう。

そして、多言語を話せる人の能力が求められ
話せる人は大きな武器になります。


小さなうちから多言語に触れる幼児教育をして
いろんな国の言葉に親しませてあげましょう。

特に6歳までの幼児期は、右脳が発達していて
言語を学ぶには最適な時期です。



多言語を学ぶには、どうしたらいいの?


10ヶ国の言語を学習できる幼児教材

フラムキッズ

フラムキッズは、対象年齢が10歳までという
年齢が限定された幼児教材です。

これには理由があって、
この時期は、言語学習に有利な右脳が活発に働いているのです。


人間には右脳と左脳があって、
右脳のはたらきには、イメージ力、想像力があり
言葉も学習いやすいのが特徴です。

小さいころは、右脳が活発に働いている特別な時期なのです。


フラムキッズの特徴として

・CDを聞くだけで学習できる

・テキストの読み方は全てカタカナがふってあり
 言葉が全くわからない初心者の方でも安心

多言語を学ぶ教材としては、破格の価格



お子さんの将来のために、多言語に触れてみましょう。

yazirusi.jpg  フラムキッズHPへ


>>多言語学ぼう一覧ページへ
>>幼児教育TOPページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加