3歳、4歳児の英語幼児教育「英語暗礁にチャレンジ!」


年齢別の英語右脳教育の仕方を紹介します。
3歳4歳児のテーマは「英語を口からだそう」です。

1歳、2歳児は、インプットさせていましたが
今度は、お子さんの口から英語をアウトプットさせてみましょう。

 
■ 右脳から左脳へシフトする時期


0歳から3歳児までの幼児は、右脳が中心に働いていますが、
これから少しずつ左脳もはたらくようになってきます。

今までの右脳の情報を左脳にきちんと
届けてあげることが必要になってきます。

ここがスムーズにいかないと
せっかく今まで頑張って覚えた英語
忘れてしまう可能性
があるので気をつけてくださいね。


右脳は、ものを覚えたりするインプットが得意分野です。
逆に、左脳はものを表現するアウトプットが得意分野。

大人になってから英会話を話す練習をするのは
左脳トレーニングによるものです。

右脳がまだ活発なこの時期は、
インプットさせながら覚えたほうがいいですよ。

それで効果的なのは、話したり、書かせたりすることです。

まだ文字を書くのは大変な年齢ですので
話すトレーニングを中心にやってみましょう。



■ 絵本を暗礁してみよう


英語の絵本の暗礁にちょうせんです。

最初のうちは、1行で、簡単な表現のものに
しておきましょう。

1日20分から30分が目安です。


英語を話せるようになるには、ある程度の量の
英単語や文章が必要ですので、どんどん絵本を読んであげましょう。
暗記の目標は50冊から100冊です!

50冊・・・

こう聞くと、もの凄い数に
聞こえるかもしれませんが、

絵本の文字は、短くて量も少ないので
安心してください。


絵本の文をたくさん暗記しながら
その場面におうじた英語が言えるようになっていきます。

絵本の言葉を暗記することで
話す力も育てることができますよ。


CDつきの絵本を用意して
CDの声と一緒に発音させると、
綺麗な発音や話す感覚がわかりますよので
是非やってみてください。



■ 3歳、4歳からはじめる英語教育の仕方


この時期からはじめて英語を教えるときは
まず、0歳児の英語教育でやっていた
「インプットするところ」からはじめるといいですよ。

それから1歳、2歳児の英語幼児教育方法で紹介した
方法を一通り実践してみてください。

教育熱心なのはいいのですが、
あまり焦りすぎず、お子さんの様子をみながら
やってあげてくださいね。

一番大切なのは、お子さんが
まず英語を楽しむことです。


>>英語幼児教育の仕方一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加