英語を身につける4つの鍵


語学を習得するために必要な能力は
「読む力」「書く力」「聞く力」「話す力」の4つです。

幼児期から英語に親しむ教育をしてあげましょう。



国際化の波で、外国語を必要とする仕事が増え、

「子どもに語学を勉強させたい」
と、思っているお父さん・お母さんも
多いのではないでしょうか?


では、語学を習得するために必要なことは、
一体なんでしょう?

「語学」と聞くと、とっつきにくそうな感じがしますが
そんなにかたく考えなくて大丈夫です。

英語を身につけるには
次の4つの力を育てていくことになります。


・聞き取る力(リスニング)

・話す力(スピーキング)

・書く力(ライティング)

・読む力(リーディング)


以上の4つです。


中学校に就学してから英語を習い始めますが、
ほとんどの方が「聞きとる力」と「話す力」を
苦手としています。


原因は、大きく2つありますが、
1つは、日本の英語の授業では、
書く力のライティングと、読む力のリーディングに
力を入れているからです。

日本式の授業では、英語の論文を読んだり、
書いたりするには良い方法なのですが、
人と会話をする力はなかなか育ちません。


もう1つの原因は、学習を始める時期が遅いことです。

小さい時期に、他の国の言葉に触れていないお子さんも
外国語を習得しづらくしている原因になっています。

言語がかわると、発する周波数もかわってきます。

日本語だけを聞いて育った人は、
ほかの国の言葉を聞き取りづらくなります。


右脳が活発に働いている幼児期に、
違う周波数を聞かせることで、より広い範囲の
周波数の音を聞き取る力が育ちます。


幼児期のうちに英語に触れる機会
作ってあげましょう。

英語のCDや、絵本を読んでるといいですよ。


>>英語幼児教育で失敗しがちな落とし穴へ


>>英語幼児教育の仕方一覧へ

>>幼児教育教材 Toppage(幼児教材ランキング・診断)へ




英語系の幼児教育教材ランキング

51_wnyu-on.jpg 子どもの脳は語学学習に最も適した時期で、
0歳から6歳までが語学を習得できる年齢です。

お子さんに語学のプレゼントをしませんか?
言語を聞き取る耳づくりは幼児期にしかできません。
<strong>幼児教育幼児教材</strong>画像.gif アルクの
 エンジェルコース

<strong>教材</strong>.gif

特徴 CDの聞き流しだけ!英語耳をやしなう
◇教材の品質 ★★★★★
◇教材の価格 ★★★★★


英語学習の大手アルクが作った乳幼児専用に作った幼児教材。初めて英語に触れる子ども向けの内容で、聞き取る力「英語耳」が身につきます。価格もかなりのお手ごろです。

yazirusi.jpg アルクエンジェルコースの詳細・口コミ・体験談をみる
<strong>幼児教育幼児教材</strong>画像2.gif フラムキッズ
    フラムキッズ2
h<strong>教材</strong>2.gif

特徴 6カ国もの言語周波数をインプットできる!
◇教材の品質 ★★★★
◇教材の価格 ★★★★★


他の教材にはない多言語が学べます。6カ国もの言語が収録され、それぞれ違う国の周波数を聞き取る力を養います。教材費用も語学系の幼児教材の中では最もお手ごろです。

→ フラムキッズの詳細・口コミ・体験談をみる
<strong>幼児教育幼児教材</strong>画像3.gif ディズニーの
   英語システム

<strong>教材</strong>3.gif

特徴 歌や踊りで「英語」が楽しく学べる!
◇教材の品質 ★★★★
◇教材の価格 ★★


専門スタッフが子ども向けに楽しく英語を学べるように作っています。ディズニーキャラクターたちと歌ったり踊ったりしながら英語学習をします。

→ ディズニー英語システム詳細・口コミ・体験談をみる
→ 無料の教材体験 資料請求


初めての英語はアルクで決まり!


幼児教育・教材トップページ(教材ランキング・幼児教育診断)へ



家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加