世界中の子どもたちと交流出来る幼児教育


地球には、たくさんの子どもが生活しています。

国や、環境が違えば生活の仕方から言葉、考え方も
それぞれです。


今は、インターネットが普及して世界中の人と
交流ができるようになりました。

直接行き来しなくても、音声や映像を通して
積極的に交流がすすんでいますね。


子どもたちにも世界の価値観にふれられる
サイトができたようです。

Panwapa(パンワパというサイトをご存知ですか?
インターネットを通じて、世界中の子どもたちと交流がもてる
サイトなんです。無料で幼児教育プログラムを受けることができます。


メリルリンチさんと「セサミストリート」の制作で知られる
セサミワークショップと共同で開発しています。

次代をになう「グローバル市民」に育て上げる視点に立った
幼児教育支援活動を、世界規模で開くことが目的です。


簡単にいうと、

「人種や言葉、宗教、文化などの壁を乗り越えて、
世界の子どもたちとインターネットでコミュニケーションして、
お互いの文化や生活を知ろう!」

ということですね。


今は、アラビア語、英語、日本語、中国語、スペイン語の
5カ国語に対応しています。


パンワパからもコンテンツが配信される予定で、

今、世界規模で問題になっている「環境」や「貧困」といった
全地球的な問題について考え方を共有し合うことも
目的のひとつになっています。


環境と貧困の格差問題は、これからの子どもたちにとって
避けては通れない問題ですね。


わたしも、実際にパンワパを体験してみようと思います。
おもしろいコンテンツや情報を紹介しますので
お待ちください。


パンワパ」はアフリカのチルバ言語で
「この地球でこの場所で」という意味だそうです。


みなさんもパンワパをはじめてみましょう。
サイトはコチラです。

http://www.panwapa.com


>>幼児教育をしてみよう一覧へ
>>幼児教育 トップページへ


家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加