幼児教育診断結果 潜在能力を鍛える

幼児期は脳を形成している大切な時です。
この時期に脳に刺激を与えることで
脳がどんどん活性化されていきます。

人の脳は大きく2つにわかれていて、
ものごとを感覚や直感で判断する右脳と
論理的に考える左脳があり

幼児期に活発に働いている右脳にこそ、
潜在的な能力を引き出す可能性があります


今までは、右脳の部分は、
あまり注目されてきませんでした。


右脳には、イメージ力、直観力、絶対音感
など左脳にはない能力があり


早いリズムで動いているので
右脳を鍛えることで、速読や短時間で大量の暗記を
可能にすることがわかっています。


「右脳を鍛えるチャンスが幼児時期まで」です。

右脳を鍛えて潜在能力を引き出してあげましょう。

右脳のトレーニングには、高速暗記が効果的です。
フラッシュと呼ばれるトレーニング方法です。

詳しくはコチラをご覧ください。


◆ 右脳を鍛えることのできる幼児教材

はっぴぃタイムは、右脳教育を取り入れた幼児教材として
とても完成度の高い教材です。

この幼児教材は、2歳から4歳までが対象で
(もっとはっぴぃタイムは4歳から6歳までが対象)
右脳をきたえる幼児教育を実践しています。


わたしも実際に幼児教材を見てみましたが
「右脳レッスンができるDVD」は
難しい内容ではなく、楽しめる工夫がしてありました。

早いテンポで画面の次々とかわっていくので
思わず画面に釘付けになってしまいます。

右脳を鍛えることは、普段の日常生活ではあまり無いので
チャレンジしてみる価値はあると思います。


yazirusi.jpg はっぴぃタイム」ホームページ


実際にはっぴぃタイムを使ってみました
>>はっぴぃタイム体験談へ

>>幼児教育 Toppageへ

家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加