幼児教育診断結果 −バイリンガル教育の仕方−


◆ バイリンガル幼児教育を実践したい方へ

幼児期のお子さんは、言語習得能力が高く、
聞いた言葉を母国語として覚える力を備えています。

現地の人が話すネイティブな発音を
身につけさせることも可能です。


バイリンガル教育では、違う国の言語を
できるだけ沢山聞かせてあげましょう。

例えば、日本語と英語の両方を聞かせることで。
より広い周波数の音を聞き取る能力が身につきます。

日本語の周波数は、125ヘルツから1500ヘルツの間で
話されているのに大して、、
英語は、2000ヘルツから15000ヘルツの高周波音
なっています。

違う国の言葉では、周波数ががらりとかわっています。


周波数の違う音は、大人になると聞き取れなくなってしまいます。
右脳が発達している幼児期のうちに出来るだけ
いろんな言葉を体験させてあげましょう。


◆ 多言語幼児教育ができる教材

フラムキッズは、バイリンガル教育をしたい方、
英語耳を作りたい方
にぴったりの幼児教材です。

フラムキッズは、5カ国の言葉を学ぶことができ、
CDから流れてくる言葉を聞きながら自然に覚えていく教材です。


忙しくてあまり幼児教育に時間が取れない方や、
手軽に始めてみたい方にはオススメです。

料理をしたり、掃除をしながらでも学習できます。

yazirusi.jpg  フラムキッズ教材の詳細、口コミ・評判へ

→ フラムキッズの販売元ページへ


81.gif


幼児教育Toppageへ



家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加