幼児教育診断結果 −英語幼児教育の仕方−


◆ 英語幼児教育を実践したい方へ

幼児期のお子さんは、言語習得能力が高く、
聞いた言葉を母国語として覚える力を備えています。

幼児期の右脳が活発している時期に
英語を聞かせることで
現地の人が話すネイティブな発音も
身につけさせることが可能です。

是非、実践していきましょう。


英語学習は、まず英語のCDを繰り返し聞かせるインプット学習をし、
それから英単語を覚え、話すアウトプットの作業が必要です。

まずは、しっかり英語を聞き取る力「英語耳」を作りましょう。

年齢別の英語学習などのポイントはコチラを参考にしてください。

→ 英語学習の基本・年齢別にまとめた英語幼児教育の仕方へ



◆ 手軽に始められて、ヒアリング能力が身につく英語教材

初めて英語を学習するお子さんにピッタリの幼児l教材があります。

アルクエンジェルコースは、乳幼児のお子さん用に作られた
ヒアリング能力を身につけるため幼児l教材です。


英語圏で語り継がれているマザーグースや、歌が盛り込まれ、
乳幼児のご家庭の生活風景である
離乳食をあげるときや寝かしつけの英語表現も覚えることができます。

育児や家事をしながらお家で聞き流すだけ
自然に聞き取る力を身につけることができます。

yazirusi.jpg エンジェルコースのさらに詳細へ


→ エンジェルコースの教材を徹底検証、口コミ・体験談はコチラ


81.gif


幼児教育Toppageへ



家庭保育園の幼児教材を説明 家庭保育園sm
このエントリーをはてなブックマークに追加